前へ
次へ

カラオケボックスでスマホの充電をしたとき

携帯電話は主に電話とメールの利用になるでしょうが、スマホならそれ以外にウェブの利用やアプリの利用もしやすくなります。
スマホに切り替える人が多いようですが、スマホのデメリットとしてバッテリーの減りが早いことが挙げられるでしょう。
毎日充電が必要で、日中にバッテリーが足りなくなるときもあります。
ある人はカラオケボックスでスマホのバッテリーが足りないからとコンセントを使って充電をしました。
そのお店では自由に充電をしてもいいとの記載はなく、たまたま部屋に入ってきた店員が見つけて電気代の請求をしてきました。
カフェなどでは自由に充電できるところもあるのでその請求に納得できない人もいるでしょう。
カフェやコンビニのイートインスペースにあるコンセントはサービスとして充電を認めています。
つまりはカフェなどの利用料に充電費も含まれています。
一方充電可でないお店で充電をするとサービス料には電気代は含まれていないので、法律上は電気を無断で使用したとされます。

Page Top