前へ
次へ

原状回復費に畳や鍵の取り換え費用があるとき

賃貸物件を利用するときには契約書にサインをします。
物件をいくつか回って比較した結果最もいい物件で契約するようにしましょう。
契約をするときには不動産会社の宅建資格者が重要事項に関する話をしてくれます。
契約に関するポイントなども話してくれるので、疑問に感じることがあるならきちんと解決しておきましょう。
契約書の内容に意義が無ければサインをして成立になります。
契約書の中に書かれていることがあるのが原状回復に関することで、退去時に畳の交換や鍵の交換費用が必要になる旨が書かれているときがあります。
住めば畳が傷むので交換しないといけないのだろう、次の人のために鍵を交換しないといけないのだろうと納得してしまう人もいます。
実際には原状回復費として事前に決められている畳の交換や鍵の交換に関する費用の負担は不要です。
通常の利用によって経年劣化をしても、そこからの原状回復義務は借主にはありません。
もちろん借主の不注意で畳を汚したり鍵を壊したなどであれば交換費用を負担しなければいけません。

Page Top