前へ
次へ

市区町村長が法定後見制度の申し立てをする

自分の住所は住民登録をする必要があり、各市区町村に登録することになっています。
東京であれば各区になりますが、それ以外だと市町村になるでしょう。
市区町村にはそれぞれその自治体をまとめる市長などがいて、その人の名前の元で色々な政策が行われます。
市民税の徴収でも市長の名前が使われたりします。
市区町村になるといろいろなことができますが、法定後見制度の申し立てをすることもあるので知っておくと良いでしょう。
通常申し立てを行うのは親族などが多いです。
その人の子供や孫などがいればその人たちが行うのでしょうが、今は親族がいない人も多くいてその人たちが非常に困ることになります。
各市区町村ではそれぞれの世帯の管理を行っているので、高齢者で身寄りのない人などの情報もわかっています。
その人が認知症などで正しい判断ができないときは市区町村長が申し立てを行い、それに基づいて家庭裁判所から適切な人が選定されて成年後見人になります。
弁護士などがなるのでしょう。

Page Top